顔のザラザラ対策
  1. トップページ
  2. 突然!肌がザラザラになった!原因と対策方法

突然!肌がザラザラになった!原因と対策方法

肌のザラザラはある日、急に気づくことがあります。

あれ?こんなにザラザラしてたっけ?と。

急にザラザラと言っても、やはり段階があって徐々にザラザラ状態に発展しています。それが認知されるまでのザラザラレベルに達すると、突然そうなったように感じます。

ただ前例がなくてあまりに急だった場合、考えられるのはやはり毛穴周囲の角質肥厚。ニキビの赤ちゃんです。

肌のザラザラ原因と対策方法

角質が荒れてザラザラするというのは、突然よりもっと予兆があります。乾燥がひどくなってきたとか、ファンデーションが引っかかるとか。

でも毛穴原因のザラザラは1mm程度の盛り上がりなので、それまでは指で触ってもあまり確認できません。1mmくらいのサイズに近づいてきたときに、あれ?と感じます。

鳥肌(サブイボ)は毛穴周りの皮膚が収縮して、その部分の皮膚が盛り上がるためにできる現象。このように毛穴周りはかなり急激な変化を見せる部分です。

ニキビも白ニキビから赤ニキビへの段階がありますが、実際は突然顔にニキビができることがほとんどですよね。毛穴周りってそれ以前の状態って気づけないことが多いです。

ではなぜ毛穴周りの角質が盛り上がってしまったかというと、考えられるのは一時的なバリア機能低下。または急激な肌環境変化です。

洗顔料やクレンジングを変えた場合、それまで使っていた製品の洗浄力と大きく違う場合に起きやすいです。

今までの癖で洗ってしまうと、予想以上に肌のセラミドが減ってしまい、バリア機能が落ちてしまうことで角質が急激に積もってしまいます。

毛穴周りがザラザラする仕組み

化粧水や乳液などのスキンケア化粧品を変えたときも突然ザラザラすることがあります。

理由はバリア機能と同じですが、バリア機能がそれほど落ちていなくても起きることがあります。

毛穴は真皮層まで貫通しており、神経や血管がある部分に到達しています。そのため刺激を受けやすい弱い部分です。

化粧品を変えたときは、それまでの成分と違うため、肌が一瞬拒否反応を示すことがあります。そのため毛穴周りがザラザラになってしまいます。

よく好転反応と言われますが、化粧品に好転反応はありません。

ただ赤みがなくて、毛穴がザラザラする程度なら悪影響は少ないかもしれません。少なくとも3日経っても元に戻る気配がないなら、その化粧品は肌にあっていないのかもしれませんね。